静岡市8月29日 新型コロナウイルス感染情報

目次

静岡市の新型コロナウイルス感染症陽性者発生状況

8月29日(日)静岡市では新たに94人の新型コロナウイルス感染症の陽性者が発生しました。
人口10万人あたりの新規陽性者報告数は108.95人となりました。

これまでに判明している集団感染(クラスター)に含まれる患者は、現在調査中とのことです。

感染が確認された職員の勤務内容等について

患者職員概要

年 代:50 歳代
性 別:男性
居 住 地:静岡市葵区
職 業:公務員
発 症 日:8月 26 日(木)
陽性判明日:8月 27 日(金)
最終勤務日:8月 26 日(木)
市職員 50 人目(令和3年度 38 人目)

該当職員の勤務状況等について

設備課の職員として、市有建築物の設備工事に関する業務に従事している。
業務時間内はマスクを着用の上、デスクワークを行っており、日常的に市民との接触はほとんどない。

  • 8月 24 日(火)は、夏季休暇。
  • 8月 25 日(水)は、朝の検温結果で平熱のため出勤。デスクワークと3件の会議・打合せに参加した。会議は、参加者全員がマスクを着用し、換気の良い部屋で飛沫飛散防止アクリル板越しで行った。
  • 8月 26 日(木)は、朝の検温結果で平熱のため出勤。デスクワークと3件の会議・打合せに参加した。そのうち1件の打合せは、業者1名が参加していた。上記の感染防止対策がとられていたことから当該業者1名は、
  • 濃厚接触者には該当しない。
  • 8月 26 日(木)は、定時に退庁したが、夜間に風邪症状(鼻水)があった。
  • 8月 27 日(金)は、朝の検温で 37.3 度の微熱があり、風邪症状(鼻水)も続いたため休暇をとった。再度、検温したところ 37.7 度となったため、医療機関を受診し、抗原検査を受けた結果、陽性が判明した。
  • 当該職員の行動の中で、感染リスクの高くなる行動(県外への移動、多人数による会食)はなかった。
  • 当該職員の陽性判明を受け、当該職員の席を中心に半径2m以内に自席のある職員 1 名を濃厚接触者に相当する者と判定し、27 日(金)から自宅待機としている。

都市局建築部設備課での感染症対策について

  • 職員全員が日常的にマスクを着用し、カウンターには、飛沫飛散を防ぐためアクリル板を設置している。
  • 窓口カウンター、飛沫飛散防止アクリル板、打合せテーブル、電話機、コピー機などの定時消毒(始業前、10 時、15 時)を実施している。
  • アルコールによる手指消毒の慣行に加え、常時窓を開け換気を行っている。

今後の都市局建築部設備課の感染症対策と業務の継続について

  • 抗原検査の陽性の報告を受けた後、直ちに当該職員と濃厚接触者 1 名の自席周辺、電話機及び更衣室ロッカー並びに窓口カウンター、トイレ、エレベーターホール、湯沸室の消毒を行った。
  • 今後の対策として、これまで同様、窓口カウンター、飛沫飛散防止アクリル板、打合せテーブル、電話機、コピー機などの消毒の実施、日常的なマスク着用、手指消毒及び常時窓を開放して換気を実施する等、これまでの取組を改めて徹底する。

上記の感染症対策を徹底しながら業務を継続していくとのことです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる