静岡県の景況

目次

県内景気は持ち直し方向にあるが、第4は到来への不安も広がっています

日本全国では 東京都をはじめとした「蔓延防止等 重点処置」が適用され、県内でもコロナ第4波到来への不安が広がってきています。

船内産業を見直すと、総じて持ち直し方向にあるものの、感染防止対策が消費活動の足かせとなり、飲食サービスなどで不振が続いており、自動車製造では半導体不足による県内生産への悪影響が顕在化するなど、懸念材料は多い。

高齢者からワクチン接種が開始されたが、県内移動や外出自粛という制約下にあるゴールデンウィークも盛り上がりに欠けるとみられ、観光レジャー分野を中心に苦戦する状況が続きそうである。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる